ecサイトの構築方法について

ECサイトの構築方法は、4つあります!

大手企業が運営しているショッピングサイトに出店するのではなく、自社でECサイトを構築したい。
こう思っていざECサイトを作ろうと思っても、どんな方法があるのか解からないケースもあると思います。

ECサイトの構築方法は、以下の4つに大別できます。

・ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)や、クラウドサービスを利用する。
・ECサイト専用のオープンソースを活用する。
・ECサイトのパッケージソフトを使う。
・スクラッチ(自社開発)でシステムを構築する。

これらの方法は、自分自身で「どのくらいまで踏み込んで構築できるのか」によって選択肢が絞られてきます。既に技術やノウハウをお持ちの方であればスクラッチでOKですが、ECサイト構築の知識をお持ちでない場合は、ASPを利用される方も多いです。

ASPを利用したECサイト構築の流れ

ASPでのECサイト構築は、予算に限りがある場合、構築や運営に手間をかけたくない場合におすすめです。
コストは月数万円かかる所もあれば、無料で利用できるところもあります。
予め準備されたテンプレートを利用することになりますが、最短1時間程度でECサイトを構築することも可能です。
ECサイト構築の基本的な流れは、以下のようになります。

1.ASPの利用を申し込む
2.商品を登録する
3.ECサイトのデザインを決定する

ブログを運営されていたり、簡単なホームページ作成ソフトを使っている方であれば、問題なく構築できるでしょう。

なお、オープンソースを活用してECサイトを構築する場合は、レンタルサーバーの契約も必要になります。